Cloud DB Doctor

メニュー

対象データベース

データ収集対象データベースの要件を以下に記載します。

# 項目 内容
1 OS Windows Server 2008 R2 以降
2 SQL Server SQL Server 2008 R2 以降
3 アカウント
  • WMI でパフォーマンス カウンタ等の情報を取得するために、監視対象サーバーの Administrators グループに属するアカウントが必要です。
  • 監視対象サーバーがドメイン参加している場合は、ドメイン アカウントをご用意ください。
  • SQL Server のデータ収集に必要な権限を持つアカウントが必要です。
  • 対象インスタンスの sysadmin ロールが必要です。
  • Windows アカウントか SQL Server ユーザーのどちらかをご用意ください。
4 ネットワーク データ収集エージェントが導入された端末と疎通可能にしていただきます。

エージェント稼働端末

データ収集及び送信エージェントの要件を以下に記載します。

# 項目 内容
1 OS Windows Server 2012 R2 以降
2 .NET Framework .NET Framework 4.5.2
3 CPU 2 コア以上
4 メモリ 2 GB 以上
5 ディスク
  • インストールに必要な容量: 10MB 以上
  • 収集データの保存に必要な容量: 50GB 以上
  • データ収集サイズは、インスタンス数やデータベース利用頻度により大きく変わります。
  • TSV形式でファイルを出力します。ディスク I/O が発生するため専用端末をご用意ください。
6 ネットワーク 以下 URL へ https 接続できる必要があります。
  • https://dbdoctor.net
  • https://cdbdprodst01.queue.core.windows.net
  • https://cdbdservice.azurewebsites.net
  • https://cdbdprodst01.blob.core.windows.net
7 ドメイン参加 監視対象サーバーがドメイン参加している場合は、同一ドメインへ参加している必要があります。
8 サービス実行
アカウント
データベース サーバーから収集したデータを格納するフォルダへ読み取り / 書き込み権限が必要です。

ポータル参照端末

Cloud DB Doctor ポータルを参照する端末の要件を以下に記載します。

# 項目 内容
1 OS Windows 7、Windows 8、Windows 10
2 ブラウザ Internet Explorer 9、10、11
3 ネットワーク
  • Cloud DB Doctor ポータルの閲覧は、インターネット経由でのアクセス(HTTPS 接続) が必要です。
  • 利用者の端末とインターネット間の接続についてはお客様にご用意頂く必要があります。